【電音部イベントレポート】Future Summer 電音部×AKROGLAMコラボの素晴らしさ

はじめに

最高の夏、到来。

 と言う訳で、電音部は声優による初めてのBtoB、AKROGLAMは初めてのライブステージという事で「初めて」尽くしだった本イベント。最高でしたね…(オタク並感)どちらも楽曲が良いというのもあって、やはりレベルの高い音楽イベントになるだろうなと思いましたが、まさか、初めてのライブ生歌をイヤモニ無しでやるMINERALSとASTRAMのお二人方達の凄さですよ。本当に「ここから、場馴れしていったら喉からCD音源以上じゃん…」となってしまい。AKROGLAMのオタクになろうと思ってしまいました。(まずは、ドラマボイスを聞かなくては…)そんな訳で、今回もイベントのレポートをゆるりと書こうと思います。イベントに参加できなかったよ〜という人でも是非とも、空気感だけでも味わって頂ければ幸いです!

  • はじめに
  •  音楽特化コンテンツ同士だから出来るコラボレーション
    • トークパート:それぞれの紹介とテーマ「夏」の絵しりとり
    • ライブパート:DJと歌唱、それぞれの持ち味が光る舞台
  • 感想:互いのコンテンツの更なる成長と再会への期待感

 

続きを読む

【電音部考察】ドラマCDからできる考察 ~過去と現在の関係性~

※この記事では「DEN-ON-BU BEST ALBUM SEASON.0 特装盤 DISC.2」の内容を多分に含みます。まだ、聞いていないという方は是非とも、特装盤をご購入した上で記事を読んでいただけますと幸いです。

shop.asobistore.jp

続きを読む

【電音部考察】”音楽原作”だからこそできる考察 pop enemy編

はじめに

 今年3月に行われた「1st GAME」。私はアキバエリアのエリア民として参加してましたが、その応援していたアキバエリアが勝利した際に頂いた新曲が今回考察する「pop enemy」。この曲、考察する前にオタクとして語らせて欲しい、最高。いや、天音みほさんマジでこれがラップ初めてなの????うますぎる!!!。堀越せなさんもアイドル狂戦士の時ともBlank Paperの時とも違う、自信と冷静さを併せ持つ声色作るのが上手すぎる!!!!。そしてなにより蔀祐佳さんの色気ある零奈の声色の良さですよ。もうね、あの声を未成年の蔀さんが出してるのやばすぎる!!!。本当に今までの「零奈像」を良い意味で破壊されました、ええ。

 さて、オタクの身悶えはここまでにして楽曲の考察をば。これまでとは異なるアキバの「成長」のテーマ。それがどの様に描かれているのかについて触れていこうと思う。

open.spotify.com

  • はじめに
  •  「駆け出し」から「一歩先」へ ~「成長」のメッセージ性~
    • カバーストーリーを読む
    • 曲想や歌詞内に見える他エリアへの「enemy」としてのアキバ
    • 「サカサマなハート」と「ワガママアラート」
    • 子供以上大人未満な少女達の背伸び
  • おわりに

 

続きを読む

【電音部考察】”音楽原作”だからこそできる考察 悪魔のララバイ編

はじめに

 電音部×AKROGLAMコラボ開催決定!8/7にコラボオンラインLIVEが発表され、コラボ楽曲も登場!と音楽つよつよコンテンツの両者が手を取り合ったらどんな事になってしまうの!?という事で、是非とも、「電音部もAKROGLAMも知らないけど興味はあるよ」という方はチケットを取られる事をおすすめいたします!

という訳で今回はそんなコラボイベントに出演するハラジュクエリアの楽曲「悪魔のララバイ」についての考察をしていくのだが、一見ただのかわいい楽曲に見せかけて…という「裏のある楽曲」な本曲。この記事でその「裏」の部分に触れて頂けるなら幸いです。

open.spotify.com

  • はじめに
  •  悪魔のララバイと犬吠埼紫杏の「二面性」の謎
    • カバーストーリーを読む
    • 歌い分けからも見える、紫杏と悪魔との謎
    • 「紫色の悪魔」とは何なのか?本当に悪魔=紫杏なのだろうか?
    • 考えられる二つの可能性
      • 紫杏=悪魔の場合
      • 紫杏≠悪魔の場合
    • 補足事項:紫杏のプレイリストの話
  • おわりに

 

続きを読む

【電音部考察】”音楽原作”だからこそできる考察 Let Me Know編

はじめに

 「Mini PARTY」が無事に終わり、大きなイベントとしては10月のLIVEといったところなのだが、またなにやらコラボの動きがありそう…電音部、一体幾つイベントを起こすつもりなんだ!?(ちなみに、「Mini PARTY」のレポートも書いていますので、ぜひ読んでいただけると幸いです…。)

 

outcry-ongaku.hatenadiary.com

 という訳で今回は「Let Me Know」の考察。絶対的な王者としてのシブヤの存在感を放つ曲の歌詞を味わっていこうと思う。

  • はじめに
  •  最強のシブヤが求める「最高」とは
    • フレーバーテキストを読む
    • 最強を教える「In my world」、最高を問う「Let Me Know」
    • アザブの「至高」との違い
    • シブヤの最強論
  • おわりに

 

続きを読む

【電音部イベントレポート】オンラインでのMini PARTYから広がるNEO MIXの期待感

 はじめに

伝説の夜はそこにあった…

という事で、残念ながら感染症の流行が原因で延期となってしまった「1st PARTY」の代替公演であるオンラインでの電音部公式DJイベント「Mini PARTY」。どこがMiniなの…?と見ていた方々が言うように、オンラインながら、熱狂できるほど熱いセトリ、それを華麗に魅せていくコンポーザー達のプレイ、コンポーザー同士のDJのつなぎ…etcという事をやってのけて、4時間ノンストップで走り抜けるという「ぼくたちがかんがえたさいきょうのおんらいんDJいべんと」を体現したようなイベントでした。(日本トレンド4位までいってたしな…)

 DJイベント素人な私ですが、今回見れなかった人向けに一生懸命レポートの方を書かせていただきます。これを読んで、「なんか分からないけど、なにも知らなくてもとっつけるな!」と思っていただけると幸いです!

  •  はじめに
  •  電音部 Mini PARTY レポート
    • 開始前:グッズ販促配信、たまネットくろがね
    • PARTY開始:4時間ノンストップDJ!電音部 Mini PARTY
      • 破壊のトップバッターDJ:Masayoshi Iimori
      • 治安復活のDJ:kakeru
      • 生歌で魅せるDJ:YUC'e
      • エリア曲コンポーザーの圧巻のDJ:KOTONOHOUSE
      • 創造神と破壊神のセッション:KOTONOHOUSE b2b Masayoshi Iimori
  • 感想:PARTYのスタンスとNEO MIXへの期待感

 

続きを読む

【電音部考察】”音楽原作”だからこそできる考察 twilight編

はじめに

 未配信だったエリア曲も配信され、ここからは新曲の波が襲ってくるということで、これからも非常に楽しみな電音部。今回のアザブエリアの新曲「Twilight」には楽曲に関わるカバーストーリーも同時に公開されているので、それを踏まえながら、この楽曲のよさについて味わっていきたいと思う。

open.spotify.com

  • はじめに
  •  アザブエリアの夜明け ~「白金電音部」のスタートライン~
    • カバーストーリーについて
    • 曲中に現れる、それぞれの「不自由」
    • 夜明け前だからこその自由
    • 自由に恋焦がれる少女達
  • おわりに

 

続きを読む